胸が大きな色白素人風俗嬢。

歩くだけで白い胸がぷるんぷるんと揺れる風俗嬢。それを見ているだけで、僕はめちゃくちゃ興奮できました。あれで素人っていうのだから、恐ろしいですよね。現実の世界だと、僕の周りにそこまで魅力的な女性はなかなかいませんよ。実際のところ、僕が出会った風俗嬢はみんな可愛いし、リアルの世界とは大違いです。リアルの世界だと、そもそも僕のことを見てくれる女性なんていませんからね。それを考えると、やはり風俗の世界が一番だと思います。その時の子は胸がGカップもあって、かなり豊満な身体という感じでしたね。身体全体が豊満な肉付きの良いボディをしていて、それを見るだけで究極に楽しめました。それでいて、肌が白い子だったから、その儚げな雰囲気も美人でした。彼女みたいな子がいてくれると、僕は嬉しくなりますよ。風俗嬢って、やっぱり最高です。まだまだ色白で儚い巨乳な子とプレイしていたいです。次はロングコースで使ってみるのも良いかもしれないな。

快感の先を求めて風俗へ。

人間は快楽を求めるために生きているらしいです。たしかに、気持ち良いことって楽しいですし、できることならずっと気持ち良いことでも楽しんでいたいですよね。そこで、僕は気持ち良いことの代表として、風俗を使ってみることにしました。今まで味わった中で僕の一番の快楽と言えば、スポーツをすることだったり、読書をすることだったりだったのですが、女の子に気持ち良くしてもらうことが究極の快楽だと思いますからね。緊張したのですが、何とか使ってきて、気持ち良い時間を過ごせました。僕の相手は、背が大きくてすらっとした子でしたね。モデルと目指しているというだけあって、かなりスタイルには自信があったようです。ただ、胸はなかなか小さかったですけどね。それは置いておいても、かなり良い子だったことは確かです。風俗嬢という雰囲気もありながら、一般の子って雰囲気もあったから、それが風俗でのプレイをより良いものにしてくれていたかなと思います。